山形産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

センターご案内

所長あいさつ

山形産業保健総合支援センター所長 齋藤 忠明

  山形産業保健総合支援センターは、厚労省所管の独立行政法人労働者健康安全機構が全国47都道府県に設置・運営する産業保健総合支援センターの一つで、平成5年から労働者の健康を確保するための事業活動を展開しています。
  事業者や産業医、看護職、衛生管理者、人事労務担当者等の産業保健関係者、健康診断等を実施する産業保健機関等を支援し、事業場の産業保健活動の一層の活性化を図るための拠点として活動しています。 産業保健総合支援センターの地域窓口として県内6箇所に地域産業保健センターを設置しており、地域産業保健センターでは、産業医の選任義務のない小規模事業所の事業主やそこで働く方々を対象として、労働安全衛生法で定められた保健指導などの産業保健サービスを提供しています。
  ストレスチェック制度の活用や、治療と職業生活の両立支援事業等についても積極的に普及推進しており、今後とも、電話やFAX、メール、ホームページ、メールマガジン等を媒体として事業の周知徹底に努めますが、労働者の皆様方にも、来所なり電話、FAX、メール等を通じてご連絡を頂くなど、これまで以上のご利用をお願い申し上げます。

山形産業保健総合支援センター 所長  齋藤 忠明