山形産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

センターご案内

センター案内

産業保健総合支援センターでは、事業場で産業保健活動に携わる産業医、産業看護職、衛生管理者をはじめ、事業主、人事労務担当者などの方々に対して、産業保健研修や専門的な相談への対応などの支援を行っています。

産業保健関係者に対する専門的研修

産業医、保健師、看護師、衛生管理者等を対象として、産業保健に関する様々なテーマの研修を実施しています。
研修スケジュールは「ホーム」の実施予定研修・セミナーをご覧ください。
※研修参加には事前の申込みが必要です。

事業主や労働者に対する啓発セミナー

事業場における労働者の健康管理等に関して、事業主、労務担当者及び小規模事業場の労働者の理解と協力を促すためのセミナーを実施しています。
研修スケジュールは「ホーム」の実施予定研修・セミナーをご覧ください。
※研修参加には事前の申込みが必要です。

専門スタッフによる産業保健に関する相談

事業場の抱えている産業保健の様々な問題・相談について、経験豊富な各分野の専門スタッフが具体的な解決方法を助言します。
ご相談は、窓口、または電話、Eメール等で随時お受けします。
さらに、必要に応じ直接事業場を訪問し実地相談にも対処しています。
なお、相談内容についての秘密は遵守されますので、安心してご相談ください。
相談は「無料」です。

メンタルヘルス対策支援、ストレスチェック制度の普及促進のための個別訪問支援

専門スタッフが相談に応じます。
メンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援を行います。
(メンタルヘルス対策促進員が事業場に訪問し支援します。)

治療と仕事の両立支援

治療中の労働者が就労を継続するために、事業場に対する支援を行います。

産業保健に関する情報提供

ホームページ、メールマガジン、情報誌(産業保健21)の発行をを通して、産業保健情報をお知らせしています。

産業保健に関する調査研究

産業保健活動に役立つ調査研究を実施しています。
平成28年度は、「地域産業保健センターの活性化に向けた現状分析による実践活動支援の取組み」を行いました。

事業主・労働者に対する啓発セミナー

事業主を対象とした、職場における労働者の健康管理等の産業保健に関する啓発セミナーや、労働者を対象とした、労働者のメンタルヘルス、生活習慣病等のセミナーを実施しています。