山形産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

メルマガ情報誌申込

メールマガジン

毎月、Eメールで産業保健に関する情報をお届けしております。
内容:産業保健に関するトピックス・各種研修会のご案内 など

購読は無料です

情報誌(産業保健21)

年4回発行の季刊誌です。
産業保健に関する最新の情報が掲載されています。

購読を希望される方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
メールアドレスの変更や配信停止もこちらで承っております。

購読は無料です

さんぽ山形メールマガジン(バックナンバー)

さんぽ山形メールマガジン 第150号

2020/08/27発行

□■Yamagata■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

     山形産業保健総合支援センター メールマガジン 第150号

                      2020年8月27日 発行

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■Yamagata■□

 

 日頃より当センターをご利用いただきましてありがとうございます。

 本日は「さんぽ山形メールマガジン」の第150号をお届けいたします。

 現在、研修会・セミナーにつきまして、新型コロナウイルス感染症感染防止対策を確実

に講じながら開催しております。

 今後もホームページ等においてご案内いたしますので、ご参加くださいますようお願い

いたします。

 

 今回は当センターの産業保健相談員である河合直樹氏(担当分野:労働衛生工学)から

の寄稿文をご紹介いたします。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「STAY HOME成果中間報告」

              

                  産業保健相談員(労働衛生工学担当)河合直樹

 

 農耕民族の血が疼くのか、日本人の多くは暇になると「土いじり」をしたくなるらしい。

新型コロナウィルスの影響で不要不急の外出自粛が求められている中、ホームセンターの

ガーデニングコーナーは結構賑わっていた。今まで、我が家では、そういった役目は、も

っぱら家内の担当だったのだが、半強制的に庭の芝刈りと枝払いを手伝う羽目になった。

 "えせ庭師"よりも前に、もともと体育会系のオジサンは、「健康づくり」と称して身

体を動かすことを始めた。一番金がかからず、三密にならない運動はやはりランニングだ

ろう。毎年、正月の箱根駅伝に触発され、「よし、今年こそ、ランニングでダイエット」

と決意を新たにがんばるのだが1か月と続いた試しがない。かえってリバウンドで体重は

増加の一途をたどるばかりだったが今年は違った。

 もともと年明けから3月にかけては暇な時期なのだが、今年はコロナの影響から、年度

末に集中する出張が軒並み中止、もちろん仕事も同様。新年度に入っても同じ状況は続き

スケジュールは空欄だらけ。まさに晴耕雨読の状況となった。日中、家内と二人きりで過

ごすのもストレスがたまるので、夕方からランニングをスタートする。

 頻度は、天気にもよるが週平均2~3回程度。最初は数km程度でヒーヒーハーハーだっ

たが、半月もすると段々慣れて、景色を楽しむ余裕も生まれ、現在は10km以上走っても大

丈夫ぐらいになっている。

 継続のポイントは飽きないようにすること。コースは毎回変えている。自宅を中心に東

西南北の4コースの他にスペシャルコースと称して、市外、例えば、上山城周辺(武家屋

敷・温泉街)コース、川西町の田園地帯を巡るコースなどを設定している。それから、ア

プリを利用して、距離・時間・ピッチを確認しながら、マイペースで、好きな音楽を聴き

ながら走ること。大切なのは、当たり前だが、無理はしないこと。

 ということで、約5か月(令和2年1月~5月)、累積走行距離約500kmの成果のほどは如

何に。

 令和1年12月~令和2年5月までの結果(月平均値)は下記のとおり。(ちなみに2013年

から血圧・脈拍は、毎日朝夜2回、体重・体脂肪は朝1回のデータを取っている)

 体重は、なんと-7.3kg(9.9%)減。体脂肪も-2.9%(11.3%)減。久しぶりに会う人か

ら「痩せた?」と言われるとうれしくなってしまう反面、「どっか病気した?」、「しわ

が増えて老けた」と言われてがっかりするときも。

 それから、体重だけでなく、血圧も平成27年~31年の年間平均値の最高値と令和2年1月

~5月までの平均値を比較すると、伸縮期(朝):133mmHg⇒115mmHg、伸縮期(夜):125

mmHg⇒116mmHg、拡張期(朝):94mmHg⇒78mmHg、(夜):87mmHg⇒78mmHgと大幅に減少

、十分正常範囲に入った。尚且つ、従来、朝が高かくなる傾向にあったが、その差がほと

んどなくなった。

 さらに脈拍であるが、ランニング前の令和1年12月(月平均)が朝:73、夜:81から、

令和2年5月(同)が朝:66(-7、9.6%減)夜:72(-9、11.1%減)と減少していること

も分かった。脈拍がもともと多い人は短命だというデータ(ホントかウソかどなたか教え

て下さい)もあるようであり、これもうれしい結果である。

 ただ、これが果たして体重の減少に付随した効果なのか、それとも仕事によるストレス

(業務多忙等)がないせいなのかは不明。しかし、最近は、血圧はやや上昇傾向にある。

あまりにも暇過ぎて、将来への不安が逆のストレスになっているのかも...。「持続化給付

金」の申請を本気で考える今日この頃である。

 

                  河合環境コンサルタント事務所 所長

                     労働安全コンサルタント(化学)

                     労働衛生コンサルタント(衛生工学)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

◇ 健康コラム ◇

 

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

 

『 治療と仕事の両立支援には「時間」や「準備」が必要 』

 

本文はホームページをご覧ください。

 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/healthnews/2020/08/964.html

 

担当:山形産業保健総合支援センター 産業保健専門職(保健師)板垣

 

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

 

 

☆── Topics ───────────────────────────☆

 

○○治療と仕事の両立支援について○○

 

【1】山形産業保健総合支援センターにおける支援

 通院等の治療が必要な疾病を抱える労働者が業務によって疾病を悪化しないよう、また

、治療と仕事の両立のために必要となる一定の就業上の措置や治療に対する配慮を事業者

が行うことは、労働者の健康確保対策等として位置づけられており、現在、治療と仕事を

両立できる職場環境が必要となっています。山形産業保健総合支援センターでは、治療を

続けながら安心して働くことができる職場づくりを無料で支援しております。

 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/consultation/compatibility.html

 

【2】独立行政法人労働者健康安全機構において、「こころの病気と付き合いながら働く

こと」をテーマにした「メンタルヘルスの治療と仕事の両立支援シンポジウム」を開催い

たします。参加費は無料で、新型コロナ対策のためライブ配信でも開催いたします。皆様

のご参加をお待ちしております。

 

リーフレット

https://www.tokyor.johas.go.jp/topics/doc/20200728.pdf

詳細と申込はこちらから → https://www.tokyor.johas.go.jp

 

日時:令和2年9月18日(金)13時00分~17時10分

会場:フクラシア東京ステーション 

所在地:千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5階

主催:独立行政法人労働者健康安全機構

 

 

○○令和2年7月豪雨関係○○

 

【1】独立行政法人労働者健康安全機構(理事長:有賀徹 )では、被災された住民の方

(事業者、労働者及びその家族等からのメンタルヘルスに関する相談及び健康に関する相

談に応じるため、「令和2年7月豪雨被災者のための心の相談ダイヤル」及び「令和2年

7月豪雨被災者のための健康相談ダイヤル」を設置しております。

 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E8%A8%AD%E7%BD%AE%20%20%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E7%99%BA%E8%A1%A8.pdf

 

【2】山形労働局より、大雨により被災した場合の労働保険料等の納付猶予の制度につい

て公表されています。

 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/ooame-20200730.html

 

【3】7月28日に、豪雨により被害を受けた県内の市町村(31市町村)が災害救助法

の適用を受けたことに伴い、山形労働局において、同豪雨の影響による休業や解雇をはじ

め様々な労働相談に対応する「特別労働相談窓口」及び被災した就職活動中の学生等に緊

急支援を行うため「被災学生等特別就職相談窓口」を開設します。

 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/gouu-20200731.html

 

【4】「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」における「令和2年

7月豪雨により被災された方などへ 被災者に対するこころのケア」を紹介いたします。

「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」は、令和2年度の厚生労働

省委託事業として一般社団法人日本産業カウンセラー協会が受託して開設しています。

 サイトの目的は、職場のメンタルヘルス対策(自殺予防対策を含む)及び過重労働対策

について、事業者、労働者、家族等への的確な情報提供の基盤を整備することです。「ど

こに相談すればよいのか」、「どのように取り組めばよいのか」、「どのような支援があ

るのか」などの様々な疑問に、既存の情報と新規に作成する情報を一元化して「探しやす

い」、「見やすい」、「理解しやすい」情報として提供することを目的としています。ご

活用ください。

 

https://kokoro.mhlw.go.jp/victims/

 

 

○○「山形県の労働衛生2020」について○○

 

 山形産業保健総合支援センターにおいて山形県内における健康診断の実施結果情報等を

まとめた冊子「山形県の労働衛生2020」を作成しました。ご活用ください。

 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/information/docs/%E3%80%90%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C%E3%81%AE%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%A1%9B%E7%94%9F2020%E3%80%91%E7%A2%BA%E5%AE%9A.pdf

 

 

○○「衛生委員会活性化テキスト」をはじめとする労働者健康安全機構における各種教材

・マニュアルについて○○

 

 労働者健康安全機構では、衛生委員会に関するテキストの他、治療と仕事の両立支援の

取組事例等、各種教材等を作成・公表しています。(産業医において活用できる教材もあ

ります。)ご活用ください。

 

https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1293/Default.aspx

 

 

○○安全衛生・労務管理・労働保険に関する行政機関等からの情報○○

 

【1】山形労働局独自の労働災害防止活動である「山形ゼロ災3か月運動」が今年度も実

施されます。当センターも主催者団体となっておりますので、参加を希望される事業場に

おかれましては当センターをはじめとする主催者団体へお申込みください。

 

・リーフレット 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000690028.pdf

・参加申込書 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000688760.pdf

・主催者団体(参加申込書裏面)

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000688761.pdf

・実施要領 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000693147.pdf

・実施要領・別紙 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000689019.pdf

・山形労働局HPにおける「山形県ゼロ災3か月運動・2020」のページ 

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/news_topics/sintyaku_itiran/_120832/yamagatazerosai20200803.html

 

【2】厚生労働省より、労働者健康安全機構をはじめとする関係機関に対し、別添のとお

り8月以降における熱中症予防対策の徹底について関係事業場への周知依頼がありました。

 例年、7~8月にかけて熱中症の発症が急増するところ、今年は、新型コロナウイルス

感染症に備えて「新しい生活様式」を導入したことに伴い、在宅勤務や業務量の偏りが生

じているところも多くなっています。

 職場における熱中症予防対策を徹底するため、当センターホームページ内お知らせ(8

月7日)でも紹介しております厚生労働省で示す「職場の熱中症予防対策のためのチェッ

クリスト」等を有効に活用しましょう。

 

別添 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%EF%BC%88%E5%88%A5%E6%B7%BB%EF%BC%89%E5%9F%BA%E5%AE%89%E5%8A%B4%E7%99%BA0805%E7%AC%AC2%E5%8F%B7.pdf

チェックリスト 

https://www.mhlw.go.jp/content/11300000/000634988.pdf

 

【3】山形労働局より、山形県内における労働災害発生状況(令和2年7月末 速報)が

公表されました。

・令和2年 山形県における労働災害発生状況(令和2年7月末速報)

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000697454.pdf

・令和2年 死亡災害等事例(令和2年7月31日現在)

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000697455.pdf

 

【4】厚生労働省より、全国の労働災害発生状況(令和2年8末速報値)が公表されてい

ます。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html

 

【5】山形労働局より、令和元年の定期監督等実施状況について公表されています。

 

報道発表資料

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000693059.pdf

 

【6】厚生労働省より、精神障害の労災補償状況等が公表されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/090316.html

 

【7】厚生労働省より、第1回事務所衛生基準のあり方に関する検討会の資料が公表され

ています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13189.html

 

【8】厚生労働省より、化学物質による疾病に関する分科会の議事録・資料等が公表され

ています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudou_128873.html

 

【9】厚生労働省より、令和2年度第1回化学物質による労働者の健康障害防止措置に係

る検討会の資料が公開されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12582.html

 

【10】溶接ヒュームの濃度の測定、呼吸用保護具の使用などについて規定した「金属アー

ク溶接等作業を継続して行う屋内作業場に係る溶接ヒュームの濃度の測定の方法等」が告

示されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12725.html

 

【11】厚生労働省より、第161回労働政策審議会労働条件分科会の議事録が公表されて

います。主に「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方」に関する内容となっています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12924.html

 

【12】厚生労働省より、業務上疾病発生状況等調査(平成31年/令和元年)の第1表・第

2表が公表されました。(ただし第3表から第9表については、現在、数値を精査中のた

め、後日公表)

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12883.html

 

【13】厚生労働省より、令和元年度労災保険事業の保険給付等支払状況が公表されていま

す。

 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/hoken-jigyo/siharai/r01.html

 

 

○○新型コロナウイルス感染症に関連する情報○○

 

【1】独立行政法人労働者健康安全機構において、「職場における新型コロナウイルス感

染症予防対策を推進するためのポイント」(動画教材)を公表しました。

「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」を公表した一般社団法人日本渡航

医学会及び公益社団法人日本産業衛生学会の協力を得て、職場における新型コロナウイル

ス感染症予防対策を進める上でのポイントを解説するビデオです。このビデオは、産業医

や産業保健スタッフの選任義務がない事業所でご活用いただけるように作成しております

が、中小事業所に選任されている産業医の方々にも参考としていただけるものです。(さ

らなる情報としては、上記のガイドや、新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け

)(厚生労働省)などが参考となります。)

 

https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1764/Default.aspx

 

【2】各都道府県にある産業保健総合支援センターでは、事業場における新型コロナウイ

ルス感染症対策に係る産業保健に関する相談に対応しておりますので、事業場における新

型コロナウイルス感染症対策に係る産業保健に関してご不明な点がございましたら、最寄

りのセンターまでお問い合わせください。

当センターの本部となる独立行政法人労働者健康安全機構のHP内、「職場における新型

コロナウイルス感染症対策」に関するページをご紹介します。

 

https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1761/Default.aspx

 

【3】厚生労働省における新型コロナウイルス感染症に関する各種お知らせについてご案

内します。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

【4】新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)が随時更新されております。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q6-2

 

【5】厚生労働省より、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について情報更新さ

れています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

【6】厚生労働省より、事業主向け「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防

止するためのチェックリスト」(令和2年6月25日版)が公表(更新)されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000657665.pdf

 

【7】日本医師会において、新型コロナウイルス感染症の正しい理解のために【国民の皆

様へ日本医師会からのメッセージ 】が公表されています。

 

http://www.med.or.jp/people/info/people_info/009162.html#f

 

 

【8】一般社団法人 日本感染症学会のホームページをご紹介いたします。

 ホームページ内「感染症トピックス」において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19

)への対応に関し、医療従事者並びに一般市民の方に対する資料等が提供されております。

 

http://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=31

 

【9】厚生労働省において、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様

式」における熱中症予防のポイントをまとめたものが公表されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html

 

【10】「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」における新型コロナ

ウイルス感染症対策(こころのケア)を紹介いたします。

「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」は、令和2年度の厚生労働

省委託事業として一般社団法人日本産業カウンセラー協会が受託して開設しています。

サイトの目的は、職場のメンタルヘルス対策(自殺予防対策を含む)及び過重労働対策に

ついて、事業者、労働者、家族等への的確な情報提供の基盤を整備することです。「どこ

に相談すればよいのか」、「どのように取り組めばよいのか」、「どのような支援がある

のか」などの様々な疑問に、既存の情報と新規に作成する情報を一元化して「探しやすい

」、「見やすい」、「理解しやすい」情報として提供することを目的としています。ご活

用ください。

 

https://kokoro.mhlw.go.jp/etc/coronavirus_info/

 

 

次号の配信は令和2年9月25日頃の予定です。

 

                  (編集人 副所長 木村 勝則)

 

◆◆研修案内◆◆

 

■「職場のメンタルヘルス不調への対応~障害別特徴と配慮~」研修会 (新庄市) ■

 

日 時 10/2(金)14:30~16:30

テーマ

   1.職場のメンタルヘルスの現状

   2.職場のメンタルヘルスに関する行政の動き

   3.メンタルヘルス対策の進め方(予防と対処)

   4.職場における主要なメンタルヘルス不調の特徴

   5.主要なメンタルヘルス不調に対する具体的対応例

場 所 新庄市民プラザ 第5・第6研修室【新庄市】

講 師

   山形産業保健総合支援センター

   産業保健相談員 (メンタルヘルス)奥山 直行 医師

対象者 人事総務担当者、保健師・看護師・衛生管理者等の産業保健に関わる方

    (先着20名)

 

申込フォーム:https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2020/08/entry_967.html

----------------------------------------------------------------------

■産業医研修会(ケースカンファレンス)(新庄市) ■ 

 

日 時 8/31(月)18:30~20:30

テーマ

   1.「これからの作業環境管理~リスクアセスメントと改善~」

   2.「職場のメンタルヘルス対策~ストレスチェックから復職支援まで~」

場 所 最上広域交流センター「ゆめりあ」【新庄市】

講 師

   1.山形産業保健総合支援センター

     産業保健相談員(労働衛生工学) 齋藤 誠 コンサルタント

   2.山形産業保健総合支援センター

     産業保健相談員(メンタルヘルス) 後藤 剛 医師

単 位 生涯研修 専門2.0単位(申請中)

対象者 産業医等(先着20名)

 

申込フォーム:https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2020/07/entry_913.html

----------------------------------------------------------------------

■ 産業医研修会(ケースカンファレンス)(山形市) ■

 

日 時 9/8(火)18:30~20:30

テーマ 

   1.「これからの作業環境管理~リスクアセスメントと改善~」

   2.「職場のメンタルヘルス対策~ストレスチェックから復職支援まで~」

場 所 山形ビッグウィング 4F 中会議室【山形市】

講 師

   1.山形産業保健総合支援センター

     産業保健相談員(労働衛生工学) 河合 直樹 コンサルタント

   2.山形産業保健総合支援センター

     産業保健相談員(メンタルヘルス) 後藤 剛 医師

単 位 生涯研修 専門2.0単位(申請中)

対象者 産業医等(先着50名)

 

※定員になりましたので受付を終了しました。

----------------------------------------------------------------------

■産業医研修会(ケースカンファレンス)(鶴岡市) ■ 

 

日 時 9/30(水)18:30~20:30

テーマ

   1.「これからの作業環境管理~リスクアセスメントと改善対策~」

   2.「メンタル面接のポイント~復職判定、過重労働、ストレスチェック高ストレ

     ス者~」

場 所 鶴岡市総合保健福祉センター『にこ・ふる』に変更予定【鶴岡市】

講 師

   1.山形産業保健総合支援センター

     産業保健相談員(労働衛生工学) 齋藤 誠 コンサルタント

   2.山形産業保健総合支援センター

     産業保健相談員(メンタルヘルス) 東谷 慶昭 医師

単 位 生涯研修 専門2.0単位(申請中)

対象者 産業医等(先着40名)

 

申込フォーム:https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2020/06/entry_887.html

----------------------------------------------------------------------

 

◆研修会の詳しい情報は、当総合支援センターのホームページ内の「研修のご案内」でご

覧いただけます。

    ⇒ https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/

 当センターが実施する研修会やセミナーにつきましては、7月以降、新型コロナウイル

ス感染症感染防止対策を確実に講じながら順次開催しております。

 

◆当センターが開催する研修会・セミナー等における新型コロナウイルス感染症感染防止

対策について(研修会等に参加ご希望の方は必ずお読みください。) 

⇒ 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%94%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.pdf

 

 

◆当総合支援センターでは、事業場で産業保健活動に携わる産業医、産業看護職、衛生管

理者をはじめ、事業主、人事労務担当者から、メンタルヘルス対策、作業環境管理、健康

診断の事後措置等の「従業員の健康管理」や「治療と仕事の両立支援」に関するご相談に

応じています。

ご相談は、FAX相談申込書 にご記入の上、FAX(023-624-5250)で申し込むようお願いい

たします(FAX相談申込書は、当総合支援センターのホームページ内の「各種ダウンロー

ド」にも掲載しています。)。

 

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 

次号の配信は9月25日頃の予定です。

編集内容等に関するご要望・ご意見・ご質問等をお待ちしております。

図書の貸出リストや申込みはホームページをご覧ください。

メールアドレスの変更や配信停止の場合は、当センターホームページ【メルマ

ガ・情報誌申込】フォームか、次のアドレスまでご連絡ください。

メルマガ配信に関しての個人情報は本目的以外には使用いたしません。

 

┼編集・発行┼────────────────────────────

 独立行政法人労働者健康安全機構 山形産業保健総合支援センター

 〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 (食糧会館4F)

 TEL 023-624-5188  FAX 023-624-5250

 【URL】https://www.yamagatas.johas.go.jp/

 【E-MAIL】sanpo06-kenkou@yamagatas.johas.go.jp

───────────────────────────────────

 

<  前の記事へ  │  一覧に戻る  │  次の記事へ  >