山形産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

メルマガ情報誌申込

メールマガジン

毎月、Eメールで産業保健に関する情報をお届けしております。
内容:産業保健に関するトピックス・各種研修会のご案内 など

購読は無料です

情報誌(産業保健21)

年4回発行の季刊誌です。
産業保健に関する最新の情報が掲載されています。

購読を希望される方は、下記のフォームからお申し込み下さい。
メールアドレスの変更や配信停止もこちらで承っております。

購読は無料です

さんぽ山形メールマガジン(バックナンバー)

さんぽ山形メールマガジン 第155号

2021/01/26発行

□■Yamagata■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

     山形産業保健総合支援センター メールマガジン 第155号

                      2021年1月26日 発行

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■Yamagata■□□□□□□

 

日頃より当センターをご利用いただきましてありがとうございます。

本日は「さんぽ山形メールマガジン」の第155号をお届けいたします。

本年もよろしくお願いいたします。

研修会・セミナーにつきましては、今後も新型コロナウイルス感染症感染防止対策を確実

に講じながら開催するとともに、WEBによる研修会等も企画して参ります。

随時ホームページ等においてご案内いたしますので、ご参加くださいますようお願いいた

します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

◆◆研修会・セミナー等のご案内◆◆

 

■※中止になりました。「高年齢労働者の健康や体力の状況に応じた対応 ~エイジフレ

ンドリーガイドライン推進のために~」研修会(山形市)■

日時 令和3年1月27日(水)14:00~16:00

会場 山形ビッグウィング 4F 中会議室【山形市平久保100 電話:023-635-3100 】

講師 山形県立米沢栄養大学 健康栄養学部健康栄養学科

   教授 加藤 守匡 氏

本研修会は諸事情により中止となりました。

ご参加をご検討いただいた皆様にはご迷惑をおかけする事となり、大変申し訳ございま

せん。何卒ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------

■【WEB研修会】「発達にでこぼこがある人たちとともに働くために」研修会 ■

研修対象者:人事総務担当者、保健師・看護師・衛生管理者等の産業保健に関わる方

【研修のねらい】

 法によって、民間の事業者にも障害者に対する「合理的な配慮」の努力義務が課せられ

ることになっています。しかし、発達障害に関して、不注意さや衝動性さからくるトラブ

ルや人間関係の困難さなどは、事業者としては受け入れ難い困難さであると思われます。

一方、当人たちにとっては、終身雇用の崩壊がさらに働きづらい状況となってきていると

思われます。双方にとって今より少しでもよい状況を作り出すためにできることを考えて

いくものです。

 ・発達のでこぼことは(発達障害について、認知の特性について)

 ・疑似体験

 ・どのような合理的配慮があるか

日時 令和3年2月2日(火)13:30~15:00

会場 Cisco Webex Meeting会議室

講師 山形産業保健総合支援センター 産業保健相談員(カウンセリング)

   小関 悦子 氏

お申し込みはこちらから → https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2020/12/entry_1050.html

 

【WEB研修会について】

本研修会は『Cisco Webex』というオンライン会議システムを使用します。

推奨環境についてはこちらをご覧ください。→ https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/docs/Webex%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%8E%A8%E5%A5%A8%E7%92%B0%E5%A2%83.pdf

詳しい参加方法はこちらをご覧ください。(端末ごとの参加方法を動画で解説していま

す。)

https://www.cisco.com/c/m/ja_jp/solutions/webex/how-to-use.html

--------------------------------------------------------------------------------

■「健診結果の事後措置」研修会(山形市)■

研修対象者:人事総務担当者、保健師・看護師・衛生管理者等の産業保健に関わる方

【研修のねらい】

 労働者の健康管理には、適切な定期健康診断の実施、就業判定、保健指導・受診勧奨の

実施が重要であり、そのためには健診結果の正しい判定法とその対処に関する知識が不可

欠です。

 本研修では、健康診断事後措置の基本的事項と山形県健診受診者のデータを用いて健診

でよくみられる異常と疾患・予後との関連について具体的な例をお話ししますので、健康

診断事後措置全体の理解を深め、実践にお役立て下さい。

 ・健診の種類

 ・健診における判定基準

 ・異常所見への対応

 ・山形県健診受診者の現状

日時 令和3年2月8日(月)14:00~15:30

会場 山形ビッグウィング 4F 中会議室【山形市平久保100 電話:023-635-3100 】

講師 山形産業保健総合支援センター 産業保健相談員(産業医学)

   山形大学大学院医学系研究科 公衆衛生学・衛生学講座

   教授 今田 恒夫 氏

お申し込みはこちらから → https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2020/11/entry_1048.html

◎【重要】研修会に参加ご希望の方は必ずお読みください。

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%94%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.pdf

--------------------------------------------------------------------------------

■「働きやすい職場づくりのためのコミュニケーション」研修会(山形市) ■

  (第134回産業メンタルヘルス研修会)

研修対象者:人事総務担当者、保健師・看護師・衛生管理者等の産業保健に関わる方

【研修のねらい】

 働きやすい職場に欠かせないのが、スムーズなコミュニケーション。

「部下に仕事を教えても、何度も同じミスを繰り返される」「自分が話をすると、部下が

萎縮しているように感じる」こんな悩みを抱えていませんか?

年代の違いや多様化する部下との接し方に、迷ったり悩んだりする方もいらっしゃるでし

ょう。

 本研修では社員が生き生きと働くことができる職場を目指し、活性化するための職場の

コミュニケーションのポイントをお伝えします。

 ・報告・連絡・相談が機能するようになった成功事例

 ・相手が萎縮する話の聴き方

 ・傾聴力をアップさせる 5 つのメリット

 ・部下が本音で話してくれる承認の 3 つのポイント

 ・リーダーがメンバーにできる存在承認

日時 令和3年2月10日(水)14:00~16:00

会場 山形ビッグウィング 4F 研修室【山形市平久保100 電話:023-635-3100 】

講師 Present Time 代表 塩野 貴美 氏

お申し込みはこちらから → https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2021/01/entry_1072.html

◎【重要】研修会に参加ご希望の方は必ずお読みください。

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%94%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.pdf

--------------------------------------------------------------------------------

■「衛生管理者の職場巡視」研修会(山形市)■

研修対象者:衛生管理者、衛生管理担当者等のみなさま方

【研修のねらい】

 「労働安全衛生規則第 11 条 衛生管理者は、少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、

設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を

防止するため必要な措置を講じなければならない。(第 2 項省略)」

 衛生管理者が行うべき職務は広範囲に及びますが、規則に具体的に明記されているもの

は上記の職場巡視になります。

 本研修では、衛生管理者にとって、重要な職務である職場巡視のコツを学ぶ目的で企画

しました。様々な業種の現場写真を見ながら、グループ討議し合い、安全衛生上の問題点

を抽出するとともに、リスクアセスメントへと展開する手法を学びます。

 現場写真には一部、有害業務も含まれますが、安全面も含めて、広い視野で検討を進め

るようにしますので、有害業務を行っていない事業所に所属する衛生管理者でも十分対応

可能です。

 また、業種や経験年数に配慮したグループ編成としますので、経験の浅い衛生管理者に

とってもベテランのスキルに触れる貴重な機会になると思います。

日時 令和3年2月18日(木)13:30~16:30

会場 山形ビッグウィング 4F 研修室【山形市平久保100 電話:023-635-3100 】

講師 山形産業保健総合支援センター 産業保健相談員(労働衛生工学)

   労働衛生コンサルタント 河合 直樹 氏  斎藤 誠 氏

お申し込みはこちらから → https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2020/12/entry_1066.html

◎【重要】研修会に参加ご希望の方は必ずお読みください。

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%94%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.pdf

--------------------------------------------------------------------------------

■「生活習慣病(歯周病、糖尿病、心臓病、認知症)とお口の関係」研修会(山形市)■

研修対象者:人事総務担当者、保健師・看護師・衛生管理者等の産業保健に関わる方

【研修のねらい】

 お口の健康がかかわる心身の健康について、糖尿病や心疾患などの生活習慣病、メタボ

リックシンドローム、認知症、がん、業務上疾病第一位の腰痛、睡眠などとの関係につい

て学び、毎日楽しく生き生きと働くため、職場の医療費削減のために、お口の健康の重要

性を理解し、実践することで明るい職場、労働力の向上を図ることを目的にお話しと簡単

な運動を提案します。

 ・働く人々の歯科健康管理と歯科からの心身の健康管理

 ・お口の健康と法律

 ・咀嚼と健康

 ・オーラルフレイル予防とあいうべ体操

日時 令和3年3月3日(水)14:00~15:30

会場 山形ビッグウィング 4F 研修室【山形市平久保100 電話:023-635-3100 】

講師 山形産業保健総合支援センター

   産業保健相談員 星川 知佳子 氏(歯科医師)

お申し込みはこちらから → https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/2021/01/entry_1076.html

◎【重要】研修会に参加ご希望の方は必ずお読みください。

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%94%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.pdf

 

☆── Topics ────────────────────────────────☆

 

○○安全衛生・労務管理・労働保険に関する行政機関等からの情報○○

 

【1】「溶接ヒューム」、「塩基性マンガン」については、労働者に神経機能障害等の健

康障害を及ぼすことが明らかになりました。

 そこで、厚生労働省は

 ・労働安全衛生法施行令

 ・特定化学物質障害予防規則

 ・作業環境測定法施行規則

を改正するとともに、

 ・厚生労働省告示「金属アーク溶接等作業を継続して行う屋内作業場に係る溶接ヒュー

ムの濃度の測定の方法等(令和2年厚生労働省告示第286号)」を新たに制定し、健康障害

防止措置が義務として追加されました。

※「溶接ヒューム」については、屋内作業場の場合と屋外作業場の場合では措置の範囲が

異なりますので、御注意ください。

 なお、施行・適用は一部を除き令和3年4月1日からです。(一部は経過措置がありま

す。)

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/taisyou-20201112.html

 

【2】厚生労働省の「芳香族アミン取扱事業場で発生した膀胱がんの業務上外に関する検

討会」(座長:柳澤裕之 東京慈恵会医科大学 副学長)は、このたび、膀胱がんと「3,

3'-ジクロロ-4,4'-ジアミノジフェニルメタン」(以下「MOCA」)との関連につい

て、現時点での医学的知見を報告書として取りまとめましたので、公表します。

 ※MOCAは、防水材や床材などに利用されるウレタン樹脂の硬化剤

 今回の報告書は、国内の化成品などを製造する工場で、MOCAを取り扱う業務に従事して

いた労働者に膀胱がんが発症し、複数の労災請求があったことを受け、業務が原因かどう

かを判断するために、国際的な報告や疫学調査結果などを分析・検討してまとめたもので

す。

 この報告書を受けて厚生労働省は、この検討の契機となった工場を管轄する労働局に対

し、労災請求事案の決定を行うよう指示します。また、MOCAを取り扱う事業場に対する労

災請求手続きなどの周知を実施していきます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15624.html

 

【3】こちらのウェブサイトでは、改正電離則への対応を支援するコンテンツ(改正電離

則の解説・医療機関における被ばく線量管理のヒント)を公開しています。

※本ウェブサイトは厚生労働省の委託を受け、日本アイソトープ協会が作成・運営してい

ます。

 厚生労働省では、電離放射線障害防止規則と「電離放射線障害防止規則第3条第3項並

びに第8条第5項及び第9条第2項の規定に基づく厚生労働大臣が定める限度及び方法を

定める件」 (告示)を改正し、令和3年4月1日から施行・適用します 。

 今回の改正では 、眼の水晶体の被ばく限度の見直しなど を行っています。

 ・特設サイト → https://jrias.info/mhlw/

 ・サイト内、コンテンツ 改正電離則の解説

 → https://jrias.info/mhlw/contents.php

 ○全業種向け改正電離則の解説動画(約21分)

 ○医療機関における被ばく線量管理のヒント

  ・事故事例から学ぶ放射線安全管理(約19分)

  ・個人の被ばく線量管理(約20分)

  ・医療分野における職業被ばくと放射線防護(約21分)

 

【4】山形労働局より、山形県内における労働災害発生状況(令和2年12月末 速報)

が公表されました。

・令和2年 山形県における労働災害発生状況(令和2年12月末速報)

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000788076.pdf

・令和2年 死亡災害等事例(令和2年12月31日現在)

https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/content/contents/000788272.pdf

 

【5】厚生労働省より、全国の労働災害発生状況(集計時期12月:速報値)が公表され

ています。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html

 

【6】厚生労働省より、職場における化学物質等の管理のあり方に関する検討会中間とり

まとめが公表されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16086.html

中間とりまとめ → https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/000721771.pdf

 

【7】厚生労働省より、第3回 職場における化学物質等の管理のあり方に関する検討会

リスク評価ワーキンググループの議事録が公表されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16244.html

 

【8】近年の急速なデジタル技術の発展に伴い、情報通信機器を用いて医師による面接指

導を行うことへのニーズが高まっていますが、情報通信機器を用いて面接指導を行う場合

においても、労働者の心身の状況の確認や必要な指導が適切に行われるようにするため、

一定の事項に留意する必要があります。そのような留意事項をまとめたのがこの通達で

す。

◇通達はこちら ―基発1119第2号―(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T201124K0010.pdf

 

【9】安全委員会、衛生委員会、安全衛生委員会(以下「安全委員会等」という。)につ

いては、労働安全衛生法に基づき、政令で定める業種及び規模の事業場ごとに、法定の事

項を調査審議するため、設置・運営が義務付けられています。

安全委員会等の開催に当たって、今般、近年の急速なデジタル技術の発展に伴い、情報通

信機器を用いて安全委員会等を開催することへのニーズが高まっていることから、情報通

信機器を用いた開催に係る留意事項が示されました。

◇通達はこちら ―基発0827第1号―(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200901K0020.pdf

 

○○メンタルヘルス対策関係〇〇

 

【1】山形産業保健総合支援センターにおいて、メンタルヘルス対策に関する4つのミニ

研修動画を作成しました。

 事業場内におけるメンタルヘルス対策に関する研修等にご活用ください。

 講師は、当センターのメンタルヘルス対策促進員 鈴木洋子氏です。

 

・「メンタルヘルスについて 1」~ストレスってなんだろう~(約10分)

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/videos/%E3%83%9F%E3%83%8B%E7%A0%94%E4%BF%AE%E5%8B%95%E7%94%BB0928.mp4

・「メンタルヘルスについて 2」~4つのケア~セルフケアって?(約10分)

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/videos/%E3%83%9F%E3%83%8B%E7%A0%94%E4%BF%AE%E5%8B%95%E7%94%BB1023.mp4

・「メンタルヘルスについて 3」~4つのケア~ラインケアって?(約9分)

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/videos/%E3%83%9F%E3%83%8B%E7%A0%94%E4%BF%AE%E5%8B%95%E7%94%BB1113.mp4

・「メンタルヘルスについて 4」~コミュニケーションのコツ~(約10分)

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/videos/%E3%83%9F%E3%83%8B%E7%A0%94%E4%BF%AE%E5%8B%95%E7%94%BB1127.mp4

 

【2】厚生労働省より、事業場におけるメンタルヘルス対策の取組事例集が公表されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055195_00007.html

・リーフレット(全体版)→ https://www.mhlw.go.jp/content/000615709.pdf

 

○○新型コロナウイルス感染症に関連する情報○○

 

【1】労働者健康安全機構において、「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイ

ド」を公表した一般社団法人日本渡航医学会及び公益社団法人日本産業衛生学会の協力を

得て、職場における新型コロナウイルス感染症予防対策を進める上でのポイントを解説す

るビデオ「職場における新型コロナウイルス感染症予防対策を推進するためのポイント」

がリニューアルされました。

https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1764/Default.aspx

全体版はこちら→ https://www.youtube.com/watch?v=pOuy75yiTkg&feature=emb_logo

・全体版を全画面で視聴されたい場合は、お手数ですが、動画教材を再生したのち、画面

下の「YouTube」(youtube.comで視聴する)をクリック

→ 画面が切り替わりましたら、再度画面右下の全画面(f)をクリックしてください。

・PDF版はこちら→

https://www.johas.go.jp/Portals/0/data0/sanpo/pdf/shingatakorona_downlord_1014.pdf

 

【2】厚生労働省より、事業主向け「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防

止するためのチェックリスト」(令和2年6月25日版)が公表(更新)されています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000657665.pdf

 

【3】各都道府県にある産業保健総合支援センターでは、事業場における新型コロナウイ

ルス感染症対策に係る産業保健に関する相談に対応しておりますので、事業場における新

型コロナウイルス感染症対策に係る産業保健に関してご不明な点がございましたら、最寄

りのセンターまでお問い合わせください。

当センターの本部となる独立行政法人労働者健康安全機構のHP内、「職場における新型

コロナウイルス感染症対策」に関するページをご紹介します。

https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1761/Default.aspx

 

【4】厚生労働省における新型コロナウイルス感染症に関する各種お知らせについてご案

内します。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

【5】新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)が随時更新されております。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q6-2

 

【6】厚生労働省より、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について情報更新さ

れています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

【7】「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」における新型コロナ

ウイルス感染症対策(こころのケア)を紹介いたします。

「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」は、令和2年度の厚生労働

省委託事業として一般社団法人日本産業カウンセラー協会が受託して開設しています。

サイトの目的は、職場のメンタルヘルス対策(自殺予防対策を含む)及び過重労働対策に

ついて、事業者、労働者、家族等への的確な情報提供の基盤を整備することです。「どこ

に相談すればよいのか」、「どのように取り組めばよいのか」、「どのような支援がある

のか」などの様々な疑問に、既存の情報と新規に作成する情報を一元化して「探しやすい

」、「見やすい」、「理解しやすい」情報として提供することを目的としています。ご活

用ください。

https://kokoro.mhlw.go.jp/etc/coronavirus_info/

 

○○治療と仕事の両立支援について○○

 

【1】通院等の治療が必要な疾病を抱える労働者が業務によって疾病を悪化しないよう、

また、治療と仕事の両立のために必要となる一定の就業上の措置や治療に対する配慮を事

業者が行うことは、労働者の健康確保対策等として位置づけられており、現在、治療と仕

事を両立できる職場環境が必要となっています。山形産業保健総合支援センターでは、治

療を続けながら安心して働くことができる職場づくりを無料で支援しております。

https://www.yamagatas.johas.go.jp/consultation/compatibility.html

 

○○「山形県の労働衛生2020」について○○

 

【1】山形産業保健総合支援センターにおいて山形県内における健康診断の実施結果情報

等をまとめた冊子「山形県の労働衛生2020」を作成しました。ご活用ください。

https://www.yamagatas.johas.go.jp/information/docs/%E3%80%90%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C%E3%81%AE%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%A1%9B%E7%94%9F2020%E3%80%91%E7%A2%BA%E5%AE%9A.pdf

 

○○「衛生委員会活性化テキスト」をはじめとする労働者健康安全機構における各種教材

・マニュアルについて○○

 

【1】労働者健康安全機構では、衛生委員会に関するテキストの他、治療と仕事の両立支

援の取組事例等、各種教材等を作成・公表しています。(産業医において活用できる教材

もあります。)ご活用ください。

https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1293/Default.aspx

 

 

次号の配信は2月25日頃の予定です。

 

                          (編集人 副所長 木村勝則)

 

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 

◆研修会の詳しい情報は、当総合支援センターのホームページ内の「研修のご案内」でご

覧いただけます。

    ⇒ https://www.yamagatas.johas.go.jp/training/

 当センターが実施する研修会やセミナーにつきましては、新型コロナウイル

ス感染症感染防止対策を確実に講じながら順次開催しております。

 

◆当センターが開催する研修会・セミナー等における新型コロナウイルス感染症感染防止

対策について(研修会等に参加ご希望の方は必ずお読みください。) 

⇒ 

https://www.yamagatas.johas.go.jp/news/docs/%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%94%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84.pdf

 

◆当総合支援センターでは、事業場で産業保健活動に携わる産業医、産業看護職、衛生管

理者をはじめ、事業主、人事労務担当者から、メンタルヘルス対策、作業環境管理、健康

診断の事後措置等の「従業員の健康管理」や「治療と仕事の両立支援」に関するご相談に

応じています。

ご相談は、FAX相談申込書 にご記入の上、FAX(023-624-5250)で申し込むようお願いい

たします(FAX相談申込書は、当総合支援センターのホームページ内の「各種ダウンロー

ド」にも掲載しています。)。

 

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 

編集内容等に関するご要望・ご意見・ご質問等をお待ちしております。

図書の貸出リストや申込みはホームページをご覧ください。

メールアドレスの変更や配信停止の場合は、当センターホームページ【メルマガ・情報誌

申込】フォームか、次のアドレスまでご連絡ください。

メルマガ配信に関しての個人情報は本目的以外には使用いたしません。

 

┼編集・発行┼─────────────────────────────────

 独立行政法人労働者健康安全機構 山形産業保健総合支援センター

 〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 (食糧会館4F)

 TEL 023-624-5188  FAX 023-624-5250

 【URL】https://www.yamagatas.johas.go.jp/

 【E-MAIL】sanpo06-kenkou@yamagatas.johas.go.jp

────────────────────────────────────────

 

<  前の記事へ  │  一覧に戻る  │  次の記事へ  >